医学映像部の紹介

基本介紹

医学映像科は1名の顧問医師、6名の放射線科専門医師、4名の放射線看護師24名の放射線技師、5名の医療事務員1名の放射線取り扱い責任者のスタッフから成る医療チームです。各臨床科部から医療検査業務の依頼を受け臨床医師の診断の参考になるよう、優質な影像を提供しています。

そして每月定期に各臨床科と症例検討及び影像診療検討会を開いています。

また、健康管理センターと連結し,自費健康検査や各種の健康保険と調整し45~69の女性乳がん検診と40~44歳の家族性乳がん検診を宜蘭県衛生局と合同推進活動を行っています。

 

 

★主な医療範囲
1.一般的な全身撮影、兒童の骨格年齢判定。
2.上、下部消化管撮影:胃腸道の病変検査(例、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃腫瘤、小腸腫瘤、大腸ポリープ、 大腸憩室及大腸腫瘤。
3.泌尿系撮影:泌尿系統結石及び惡性腫瘤検査。
4.全身CT撮影:肝癌塞栓術、腸胃出血塞栓術、冠狀動脈血管撮影(冠狀動脈狹窄の早期発見)。
5.低劑量肺部CT檢查:早期の肺癌検査。
6.全身MRI。
7.卵管撮影。
8.骨密度検査。
9.乳房撮影検査。 

 

 

機器

デジタルX線機器、骨質密度測量CTMRI

影像の整合

各種影像の相互比較、融合,各取優點から診斷目的達成、診斷正確率の向上

醫師と整合

各科専門医師の角度からの診断を整合し正確性の高い報告結果

解說整合

受検者が一度で專業領域の医師から解說を受けられる。